オプスソフト共通仕様

最新フォーマット、暗号化にも対応

最新の地価調査統一フォーマット、地価公示統一フォーマットに対応しています。

安心・安全なバックアップ機能

ソフトの終了時やデータの更新前、自動的にバックアップデータを保存します。自動バックアップとは別に任意のタイミングでバックアップをすることもできます。

ログイン機能

セキュリティ強化のため、ログイン機能を搭載しています。ソフトの起動にパスワードを設定し、ソフトウェアの不正使用を防止します。オプションで使用しない設定にすることもできます。

ネットワーク対応

サーバ・クライアントを設定していただくと、2台以上のパソコンからデータを入力、共有できます。

サポート情報 リアルタイムで情報発信

ソフトウェアの[メインメニュー]下部に弊社からの有益な情報をリアルタイムでお届けできる「オプスからのお知らせ」機能があります。

サポート情報(よくある質問)の公開やアップデートのリリース、営業時間のお知らせなどがリアルタイムで届きます。クリックするとWEBページが開き、お知らせを確認できます。

事例作成

地図の作成・交換
  • カット図の一括取り込み(取引事例、賃貸事例)
    • カット図作成ツールで作成、ダウンロードした地図データを、国土管理番号(国土管理番号がない事例は整理番号)で紐付けて一括で受け取ります。
      位置図(上の地図)のみ受け取るオプションもありますので、地形図は公図からも作成可能です。
  • 地理院地図から作成
    • 所在地や経度緯度から地理院地図を表示し、必要な箇所を切り抜いて事例の地図として使用できます。縮尺は任意または1万分の1のいずれかで設定できます。
  • 多彩な地図編集機能

ダウンロードしたカット図や公図を編集できる様々なツールをご用意しています。いずれも色やサイズを選択できます。

  • 連続線
  • 範囲指定(枠で囲って塗りつぶせます)
  • 位置指定(旗のアイコンを立てます)
  • テキスト挿入
  • 地図付きデータの交換(取引事例、賃貸事例)
    • ファイルサイズが大きい場合は指定サイズで分割できます。分割した場合はオプスソフト間でのみ交換可能です。 
    • (株)システム科学研究所、(株)ランテックソフトウェア、弊社の3社の鑑定評価書作成ソフトを利用している場合は地図付き事例が交換可能です。
効率的な事例入力(取引事例宅地)
  • 所在地漢数字一括変換
    • 所在地の○丁目や○条(北海道の場合のみ)の漢数字を一括で算用数字に変換できます。3次データを取り込んだ後に使用します。(例:三丁目→3丁目)
  • 所在地フリガナ一括設定
    • フリガナを設定することで、所在地順に事例を並べ替えて事例カードの印刷ができます。(取引事例宅地、賃貸事例)
  • 4次データの入力
    • 4次データの入力項目のみTabキーで移動できます。すでに入力済みの3次データの項目にはTabが移動しません。
    • 環境条件の項目(日照・地質・水道・ガス・公共下水・危険嫌悪施設の状況)の値をそれぞれ記憶し、1クリックで入力できるらくらく入力機能があります。
  • 一覧入力画面
    • 所在地と土地の種別で絞り込んで、月率変動率だけを連続で入力するなど効率のよい入力ができます。
  • 標準化補正の比準計算
多種多様なチェック機能
  • 取引事例(宅地)入力中のチェック

入力画面に表示している事例を1クリックでチェックできます。

1事例ずつ確実に入力できます。入力後全件チェックも可能です。

チェックにかかった入力項目はピンク色に変わり、さらにマウスカーソルを位置づけるだけでエラー項目がわかります。

チェックリストや帳票を出力することなくデータの修正ができます。

  • Excel出力(取引事例(宅地・林地)、賃貸事例)
    • 個人情報にかかわるため、次の項目以外の項目を出力できます。所在地番(ビル・アパート名)、住居表示、仮換地番号、所有者、地積、取引時点、最寄り駅(バス停)名と距離、その他特記事項2の4、緯度経度
  • 補修正表(取引事例(宅地・林地)、賃貸事例)
    • 作成した事例を一覧表でチェックできます。

評価書作成

入力画面

各画面には入力を補助する様々な機能があります。

  • 操作ガイド
    • 入力項目やボタン、機能の説明や役立つ情報が画面上部に表示されます。
  • 長文入力拡大表示と入力文字数制限の可視化
    • 文章量が多い入力項目には拡大表示画面があります。フォントサイズを大きくし文字を見やすくします。
    • 統一フォーマットの文字数制限のうち何文字目まで入力できているかをリアルタイムで表示します。
  • 宅地-4,宅地-5(純収益)の入力画面レイアウト
    • 帳票1枚分の入力項目を1画面で表示できるため、スクロールなしで入力可能です。(解像度1680×1050以上)
  • 事例採用時のアラート
    • 他の評価地点ですでに採用している事例、事情補正がある事例、標準化補正が設定した範囲(例:70~120)を超えた事例、所在地の本番が同一の事例を採用した場合に、メッセージや文字色が赤になってお知らせします。
  • 採用事例のPickUP機能(宅地のみ)
    • 対象基準地と同じ町名、同じ用途の事例を事例選択の上位に表示させます。
価格検討機能

地理院地図上にプロットし、指定基準地の価格検討資料の作成、評価中の価格検討に利用できます。

対象基準地、事例、代表標準地、指定基準地のほかに、付近の価格検討に必要な地点を入力することもできます。

評価書チェック機能

主なチェック機能です。データチェック(評価書)や、帳票一覧ページにも出力できるチェックリストをご紹介しています。

  • 評価書データチェック(宅地のみ)
    • オプス独自のチェック項目、チェックシステムに準じたチェック項目をご用意しています。入力途中に気になる項目をチェックできます。入力が終了し、全地点をまとめてチェックすることもできます。
  • Microsoft Wordを利用した文章チェック
  • 近隣地域の範囲内で採用した事例の地域要因 一括チェック
    • 採用事例が近隣地域(宅地、宅地見込地、林地-1 (2)近隣地域の範囲 東西南北の数値の範囲内に存在する場合、地域要因と率が入力されていないかをチェックします。

比準計算(宅地のみ)

比準表

住宅、商業、工業など用途、地区ごとに作成できます。

代表標準地・指定基準地との規(比)準

代表標準地、指定基準地は国土数値情報からダウンロードし、計算します。

取引事例との比準
  • 事例の選択
    • 地図から事例採用

対象基準地を中心に、事例、採用済みの代表標準地等が表示されます。

プロットされた事例のマークにマウスカーソルを位置づけると、ポップアップ表示で事例の情報が表示されます。

マークをクリックすると事例が採用され、採用記号を表示します。

  • 比準計算
    • 計算対象の件数を制限せず、何件でも比準計算できます。計算結果(査定価格)から最適な5件を選択できます。
  • 価格調整
    • 住宅は「居住環境」、商業は「繁華性の程度」、工業は「その他」要因で調整します。
  • 比準計算結果を画面で確認できます。

データ入出力

オプスソフトからの取り込み
  • かんたん一括取り込み
    • OPSの前年調査ソフト、直前の地価公示ソフトから1クリックで事例以外のデータが取り込めます。継続地点が多い場合に使用します。
  • 個別に指定して取り込み
    • OPSの前年調査ソフト、直前の地価公示ソフトから対象基準地や事例番号を選択して取り込めます。
評価書データ・事例データの取り出し(納品)・受け取り
  • 事例(取り出し、受け取り時に複数の条件設定ができます)
    • 3次データの受け取り
    • 地図付き事例の受け取り・取り出し
      • (株)システム科学研究所、(株)ランテックソフトウェア、弊社の3社で作成された鑑定評価書作成ソフトのデータにかぎり、交換可能です。
    • カット図データ(地図データ)の一括受け取り
    • 納品用の事例の取り出し
  • 評価書
    • 前年以前の評価書データ受け取り
    • 提出用データの出力
比準表の取り出し・受け取り

OPSソフトで作成した比準表が受け取れます。

他社ソフトで作成した比準表は受け取れませんが、比準表の作成・変更を承りますのでオプスサポートまでご連絡ください。

データチェック・ユーティリティ

主なチェック機能や一覧表です。帳票一覧ページでも出力できるチェックリストをご紹介しています。

データチェック 事例
  • 取引事例のチェック
  • 事例重複チェック(緯度経度を利用したチェック、入力データからのチェックの2種類があります)
  • 補修正表(宅地、林地、賃貸事例)

データチェック 評価書・比準
  • 評価書
    • 純収益一覧
    • 鑑定評価書のデータチェック
    • 同一評価員における地域要因の整合性審査
    • 事情補正がある事例を採用した基準地一覧
    • 鑑定評価書の文章チェック
      • Microsoft Wordの文章校正機能を利用し、読点や句点の重複や送り仮名の誤り、助詞の連続等の誤りを見つけます。
  • 比準
    • 比準計算チェック(比準表どおりに計算できているかをチェックします。計算後に値を変更して誤った結果になっていないかを確認できます。)
  • 出力した評価書・事例データのチェック
    • 所属分科会の変更があった場合に変更し忘れていないか、データの件数が正しいか等を出力したファイルを使用してチェックします。
ユーティリティ
  • 事例
    • 取引事例の所在地 漢数字の一括変換
    • 取引事例の所在地 フリガナ一括変換
    • 建付減価適用フラグ 一括設定
    • 郵便番号の一括設定(取引事例宅地のみ)

印刷・PDF出力

提出帳票とは別に様々な帳票、チェックリストがあります。帳票は印刷もPDF出力もいずれも可能です。(一部帳票を除く)

指定基準地のプロット図
  • 地理院地図を利用した指定基準地の価格検討表(プロット図)が印刷できます。
  • 代表標準地・基準地や事例、その他価格検討に必要な任意の地点を登録できます。
  • アイコンや地図上のラベルに表示する項目が選択でき、メモ機能もあります。

別添資料作成・印刷

別添資料と別添事例カードが印刷(出力)できます。別添事例カードは国土交通省指定の様式とは異なるオプス独自の帳票です。

制限事項

製品の仕様など記載された内容は、改良のため予告なく変更することがございます。ご了承ください。